中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など

中国語・その他豆知識

■中国日常でのマナー

中国語を話す際、中国ならではのマナーもあります。最低限のマナーを知っておくことが、円滑な会話を進めることになります。時に中国人はマナーを知らない、と言われる事もありますが、それは例えばチケット売り場やデパートなどで、行列を作らずに構わずお金を差し出して我先に買おうとしている光景などがそうです。ただ、そうは言っても、例えば中国では年配の人に対する敬意は良く表すものです。知っていましたか?これは頭に入れておくと良いでしょう。

レストランなどの場合、個室に案内された時は、部屋の入り口付近が下座、奥の方が上座となりますので配慮するといいでしょう。中国人と食事をする際、お酒がつきものですが、乾杯するときの作法として、手に持ったグラスを乾杯の時、カチンっとするのは日本と同じですが、この際、目上の人と乾杯する場合、相手のグラスの位置より自分のグラスを少し下げてカチンとします。こうすると、中国人も、マナーをわきまえているな、と思ってくれるようです。

中国では、自宅に招かれたら食事をともにする事が多いです。その際、味つけや客の好み、料理の量を重視します。食べきれないほどのお酒と料理を用意することが、もてなす側の礼儀というわけです。ですから、また、中国では相手に料理をとりわけるのが親愛の情なので、どんどん茶碗や皿におかずがのせられていきます。かといって、全てを食べきってしまうと、料理が足りなかったように見え、却ってマナー違反となります。自分の小皿や茶碗に取り分けた分と別に、大皿には少し残すよう気をつけて頂くようにすれば良いでしょう。

中国に限らず、外国ではその国の政治を批判するような発言は避けるべきです。また、公共の場で、大声で現地の悪口を言ったり、宗教、文化、習慣等についておおっぴらに口にすることも避けるべきです。場合によっては犯罪に巻き込まれる原因にもなりかねません。中国の場合長い歴史があると同時に、長年日本に支配されていた歴史的背景もあります。こうしたことが中国人に複雑な感情を植え付けていることも頭の片隅に入れておくのも大事なことです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など All Rights Reserved.