中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など

中国語・その他豆知識

■中国語って、どれくらいある?

中国語と一口に言っても、実は、北京語のほかにもいろいろとあるのです。一般的に「中国語」と呼ばれているものは、北京方言をベースに確立された人為的な言語であり、日本では「北京語」と呼ばれています。中国本土で標準語とされているほか、台湾・香港、シンガポール等東南アジア諸国の華僑の間で話されています。中国本土でも広東など一部の地域を除けば、テレビやラジオ放送は全部北京語で行われ、義務教育段階の学校もたいてい北京語で授業を行います。このため、ほとんどの中国人は北京語が解ります。

北京語以外には、広東語、四川語などがあります。他にも、福建語,潮州語,客家語,台湾語,湖南語など、地方方言を加えると,数え切れない程の中国語が存在します。広東語は、香港の近くに位置する広東省を中心に使われている中国語ですが。北京語とはイントネーションが大きく異なります。四川語は、独特のイントネーションを持つ言葉で、他の中国語とは明らかに異なります。毛沢東も湖南省出身なので、四川語を使っていました。さらに、上海では上海語が中心になります。北京語とはイントネーションが全く異なり、北京語を習得しても、上海語で喋られると全く聞き取れないこともあります。

北京語と広東語では英語とロシア語ほどの違いがあるし、上海語と福建後でもフランス語とドイツ語ほどの違いがある、ともいわれます、方言に近いものとしては、中国の東北地方では東北語が使われています。農村になると独特の方言が入りますが、一般的な東北語は訛りが少なく、北京語とほとんど変わりません。河南語は河南省で使われている言葉ですが、独特のなまりがあり、北京語と比べるとイントネーションが明らかに異なります。

文字でも、「簡体字」と「繁体字」があります。繁体字は昔の日本で言うところの旧字体で、台湾や香港・マカオで使われています。簡体字は繁体字が省略されて正式な漢字として採用されたもので、中国本土、シンガポールなどで正式に採用されています。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など All Rights Reserved.