中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など

中国語会話学習のポイント

■学校で習うには

中国語を学校で習う場合、まず、目的をはっきりさせる必要があります。旅行で使うためか、ビジネスで必要なのか。中国人と会話したいからなのか。中国の文化を勉強したいからなのか・・・。目的によっては、通常の中国語の北京語よりも、広東語、上海語、台湾語などを勉強したほうがよい場合もあります。また、独学の勉強に対するサポート的に学校を利用するのか。本格的に学校できちんと勉強したいのかによっても、学校選びは異なってきます。

学校を選ぶ際は、自宅から近いか、また、仕事帰りに通うなら、勤務先に近いのかが結構重要です。やはり通いやすいことが長く続けることにつながります。自分が勉強したいレベルに合わせて、授業料などが適切かどうかも考えなければいけません。授業時間のほか、代理授業は受けられるのか、カリキュラムは充実しているか、サポート体制はしっかりしているか・・・、などなどで総合的に判断しましょう。いくつかの学校を比較検討するのが良いでしょう。自分の目的をきちんと伝え、無料体験なども受け、しっかり中国語をマスターできる学校かどうか、自分にあっているかなどを見極めましょう。

あまりレベルの高い勉強を望まないなら、カルチャーセンターや、公的機関が主催する講座でもある程度は勉強できます。このほうが費用的には安く済みます。この場合も、講師のプロフィール、日本人か中国人か、くらいは確認しておいたほうが良いでしょう。中国語は発音が難しいので、発音は、できれば中国人に習うほうが望ましいでしょう。

大切なのは楽しく学べる事です。せっかくお金と時間を使っても、楽しくなければ続ける気持ちもすぐに無くしてしまいます。中国の人は誰とでも話しをしたり、明るくおしゃべり好きな人も多いので、遠慮せずにどんどん話してみるべきです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など All Rights Reserved.