中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など

中国語会話学習のポイント

■中国語は簡単か難しいか

中国語は、我々日本人が使っているのと同じ漢字が使われているので、勉強しやすいと言われます。確かに、中国語が全然わからなくても、書かれているのを見ると、大体どのようなことを言ってるのかわかるものです。漢字を知っていることは、非漢字文化圏の人にはないメリットと言えるでしょう。ただ、文字が共通なので、簡単にマスターできるだろう、と思ってしまうのは間違いです。

一方で、中国語は日本語にない発音が数多く、また、イントネーションの使い分けでも意味が違ってくるところが難しい、ともよく言われます。中国語は、言語としては日本語とまったく違う系統の言語なので、実際に勉強を始めてみると、漢字を知っているだけではダメだということはすぐに分かるはずです。同じ漢字文化圏の国に暮らす日本人として有利な条件を生かしながら、あくまで外国語として、真摯な態度で取り組むことが大事となります。

中国語は、発音の要領が分かれば、こんにちは、ありがとう、さようなら、などの決まった挨拶はすぐに言えるようになります。旅行で話したいのなら、買い物をするときの決まった表現、交通機関の乗り方など、決まったパターンの言い方を覚えれば大丈夫でしょう。中国語に限らず、どの言語でもそうですが、どの程度話せるようになりたいのか。旅行で困らない程度でよいのか。中国人と友達になりたいのか。中国の文化を研究したいのか。自分が学ぶ目的をはっきりさせて勉強を始めるべきです。

日本語の手紙は、中国語ではトイレットペーパーの意味になるなど、まったく違う意味になったりするのが中国語の難しいところであり、また、面白いところでもあります。中国語を勉強する面白さ、楽しさを味わいながら勉強すれば、あまり難しくも感じなくなるでしょう。なにより、楽しく勉強することです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など All Rights Reserved.