中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など

中国語会話学習のポイント

■中国語会話の学習の始め方

語学を始めるには、まず、やはりその言語の辞書を持っておかなければいけません。初心者にお勧めの辞書としては、「中日辞典」(小学館)、「白水社中国語辞典」(白水社)、「講談社中日辞典 第二版」(講談社)、「東方中国語辞典」(東方書店)などが良いでしょう。入門書としては「ゼロから始める中国語」(三修社)、「気軽に学ぶ中国語」(NHK出版)、「LL中国語」シリーズ(大修館書店)、などがあります。

できればスクールに通ったり、家庭教師を雇う、留学するなどが望ましいのですが、たとえ経済的に余裕がないとしても、教科書、辞書、参考書は揃えるようにしたいものです。テレビ、ラジオの中国語講座で学ぶ場合も、テキスト類はきちんと揃えるようにしましょう。できるだけ中国語の映画を見るようにするなど、普段からの心がけも大事です。

中国旅行などで、短期間でマスターしたい場合、旅行用の中国語入門書を購入し、まずは中国語の発音の概要を知り、練習することです。あまり勉強する期間がないなら、エッセンスだけを集中的に練習することになります。中国語は、発音に声調、有気音と無気音、鼻母音などがあり、その中でも声調が非常に重要となります。CDなどで発音も充分練習したほうが良いでしょう。

中国語学習を始めるに当たり、まず出会う関門は発音です。慣れない発音、イントネーションに戸惑うことでしょうが、これをしっかり身につけることが、中国語上達の第一歩となります。忙しくてあまり勉強する時間が取れない、という場合、毎日最低でも10分間は中国語の文章を音読する、ということを日課にすると良いでしょう。ネットでも、中国語に関する情報をいろいろと見つけられるので、パソコンも大いに活用するべきです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 中国語会話ガイド | 挨拶・発音・学習法など All Rights Reserved.